• 四人編成期唯一作 Def Leppard 傑作5th「Adrenalize」新編成極初期貴重ライヴ音源付メガ・エディション 国内盤二枚組未開封新品。
  • 四人編成期唯一作 Def Leppard 傑作5th「Adrenalize」新編成極初期貴重ライヴ音源付メガ・エディション 国内盤二枚組未開封新品。
  • 四人編成期唯一作 Def Leppard 傑作5th「Adrenalize」新編成極初期貴重ライヴ音源付メガ・エディション 国内盤二枚組未開封新品。
最新コレックション 四人編成期唯一作 Def Leppard 国内盤二枚組未開封新品。 傑作5th「Adrenalize」新編成極初期貴重ライヴ音源付メガ・エディション Def Leppard
  • 当日発送
  • 送料無料

最新コレックション 四人編成期唯一作 Def Leppard 国内盤二枚組未開封新品。 傑作5th「Adrenalize」新編成極初期貴重ライヴ音源付メガ・エディション Def Leppard

お気に入りブランド
販売価格 :

5950税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
最新コレックション 四人編成期唯一作 Def Leppard 国内盤二枚組未開封新品。 傑作5th「Adrenalize」新編成極初期貴重ライヴ音源付メガ・エディション Def Leppard
販売価格:¥5950 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

御存知!四人編成期唯一作 Def Leppard 傑作5th「Adrenalize」新編成極初期ライヴ音源付メガ・エディション 国内盤二枚組未開封新品でございます。



内容は言わずもがな。



ラインナップは四人編成期。

Joe Elliott(Vo)、Rick Savage(B、B-vo、Acoustic G on ”Tonight”)、Phil Collins(G、B-vo、ex-Girl)、Rick Allen(Ds、B-vo)となります。



ゲストバックコーラスに、何と!かの名手John Sykes(ex-Tygers of Pang Tang、Thin Lizzy、Whitesnake、Blue Murder)、

御馴染みRobert”Mutt”Lange(全盛期Def Leppardを手掛けた事で御馴染み。”City Boy””Clover”等手掛け、Huey Lewis & the News”Picture This”を途中まで手掛け降板となる。

後にBryan Adams、Michael Bolton等手掛ける)他が参加。


またPhil Nicholas(Key、一曲のみ)、Pete Woodroffe(Programming他)が参加となります。



プロデュースはMike Shipey(かのRobert”Mutt”Lange配下のエンジニア。その後プロデューサー独立し”Winger”等手掛ける)とバンド自身。

1990年~1992年オランダ”Wisseloord Studios”での制作となります。






かの”Hysteria”が大ヒット。


「1000万枚売らないと元が取れない」とぼやくメンバーを驚愕させる程のものとなり、ツアーも長期化。大成功を齎す事となります。




されど以前からの故Steve Clarkのアルコール依存症等の問題が悪化。バンドに暗雲を齎す事となります。


1988年から再びRobert”Mutt”Langeをプロデューサーに起用し創作を開始するも、上記の問題や”Hysteria”の驚愕の大ヒットによる重圧や商業的含めた圧力から暗礁に乗り上げる事となります。


思う様な結果が得られぬ中、故Steve Clarkの問題が深刻化。


療養・治療を故Steve Clarkに薦めるものの改善せず、1991年1月8日帰らぬ人となります......................



暫しの沈黙の後、”Hysteria”同様、制作にRobert”Mutt”Lange合流を見越し、配下のエンジニアだったMike Shipeyを起用。

本格的に制作を開始する事となります。



故Steve Clark離脱期に創作した楽曲そして故Steve Clarkの残したデモ録音の音楽要素を使用し新曲を再構築。


4人編成になったものの、あくまで「Def Leppardは5人編成」として制作に臨む事となります。




結局Robert”Mutt”Lange合流は実現しなかったものの質の高さに手応えを得たバンドは完成・リリースを決断。


リリースに至る................という経緯がございます...............................................






さて今作。



前作”Hysteria”が楽曲や音造りを凝り過ぎた、アイデアを詰め込み過ぎた事でライヴ再現が大変になった事を反省した感がございます。



そもそもメカニカル感のある音楽性のDef Leppardではございます。

以前同様創作にRobert”Mutt”Langeが関わっており、前作の音楽性を継承しているもののロック・バンドとしての躍動感やシンプルさ、空間の使い方を重視した感が有り、ロックバンド回帰という感がございます。



故Steve Clarkの音楽要素が加えられた再構築楽曲と4人編成での創作楽曲は半々。


前者は故Steve Clarkのメロディやリフの鋭さを感じさせるものでございますが、Phil CollinがDef Leppardに持ち込んできたものが判るという感がございます。




そもそもかのDavid Coverdale(現Whitesnake、ex-Deep Purple、Coverdale/Page)曰くは「Def Leppardという音楽性の枠には収まり切らない才能の持ち主」。


”Pyromania”から”Hysteria”への音楽性の変化は(Rick Allenの電子ドラム使用から始まりますが)、Phil Collinが持ち込んできた感。



嘗て日本のかの伝説的な音楽番組収録絡みでフォト・セッションを行うDuran Duranに同時期来日のDef Leppardが訪ねており、

かのSimon Le Bon/John Taylor等々中心メンバーとの談笑の中心に見られたのがこのPhil Collin。


グラム基礎パンク経由のヴィジュアル系(笑)NWOBHMバンド”Girl”のギタリストという事がございますが、何らかの接点が窺える事実でございます。



Joe Elliottのアンニュイな歌い方やニュー・ウェイヴ的な音楽性はかの”Duran Duran”を参考にした感がございます。



(かの”Iron Maiden”がDennis Stratton解雇後に名手Adrian Smithに白羽を立てたものの本人は保留となり、このPhil Collinに再度白羽の矢を立てた事実がございます。

Adrian Smith/Phil Collin共々創作に長けたミュージシャン。興味深い事実でございます...........................)





故Steve Clarkが残したリフ/メロディ等音楽要素が加えられておりますが、故Steve Clarkの録音は皆無。


楽曲によっては故Steve Clarkがデモに残したソロパートは(Phil Collinがツインギターとして場数を多く踏みその特徴を熟知している事が有り)Phil Collinが自身で演奏再現しておりますが、

メンバー曰く「驚く程類似して奇妙な気分だった」との事でございます。






かの大傑作”Pyromania”の音楽性を求める往年のファンがおられますが、初期Def Leppardのハードさを担ったのはかのPete Willis。


”Pyromania”制作後期に失態で解雇となりPhil Collin起用となりますが、後者はソロパートを創作・録音したのみというもの。



”Hysteria”ではPhil Collinは最初から創作に関わり、様々な困難や音楽的突破を経て完成というもの。




そして今作は故Steve Clarkを失い4人編成で、故Steve Clarkの残した音楽要素を活かしつつ制作。




これらの経緯を鑑みるとPhil Collinの齎したものが何か、見えてくる感がございます...........................






リリース後は大ヒット。


前作程の成功は収められなかったものの、高評価。


されど、時代は反八十年代音楽性にオルタナ/グランジ全盛という時代。八十年代を代表したバンドに非難の矛先が向く中、音楽性の修正を余儀なくされる事となります....................



そして新生Def Leppard面々のルーツにあるグラム・ロック。

かの”Brit Pop”の台頭の中、新作に向け創作を開始する事となります.............................



そして、問題作と言われた大ヒット作(笑)”Slang”の登場.....................(”Brit Pop”を好むファンには高評価ではございましたが........................)








さて、ライヴ録音4曲。



1992年5月29日ドイツ・ボン公演からの抜粋となります。ツアー初期で肩慣らしの感が有り、会場が小型がミソでございます。



かの名手Vivian Campbell(ex-Sweet Savage、Dio、Whitesnake、Riverdogs)加入、同年4月20日英国ロンドン”Wenbley Arena”での”Freddy Mercury Tribute Concert”での初登場を経て、

新生Def Leppard極初期の貴重な音源となります。




「5人編成」として今作制作に臨んだものの、「4人編成Def Leppard」による継続をPhil Collinは主張。

されど、あくまで「Def Leppardは5人編成」との他の三名の意見で却下。



後任ギタリスト人選に入る事となり、当時自由な立場であった名手John Sykesや名手Vivian Campbell(他には名手Adrian Smith)に白羽の矢を立てる事となります。



名手John Sykesはそもそもバンドに収まらないハイテク演奏個性に才能。また単独で良い楽曲を仕上げるという人物。

また共作を望まず自身の望む創作・制作を重視という感。Def Leppardとは合う筈が無く、起用を断念する事となります....................


(かのJohn Kalodoner仲介で”1987期Whitesnake”再結成の話し合いをJohn Sykes等と持った名手David Coverdale。

されど拒否。

作品は大きな収穫ではあったものの共同作業が非常に難航した事が相当なしこりとなった感)




そしてVivian Campbell。


名手John Sykes同様”NWOBHM”出身(Def Leppardは自身の出身を否定しておりますが........)で同じハイテク系はございますが、かの”Dio”のリズム・アンサンブルの要であった事。

そしてポピュラー指向で共作も可能という事から加入を要請する事となります。



(名手Adrian Smith(現Iron Maiden、Smith/Kotzen、ex-Urchin、Adrian Smith & Project、Psycho Motel他)にも白羽の矢が立った模様でございます。

音楽性は合うものの、リズム感の正確さやDef Leppard特有のメカニカルな音楽性に技術面が合わなかった感がございます..................)







故Steve Clarkを失ったものの、ハイテク系ではありながらもリズム感に優れDef Leppard特有のメカニカルで細やかな演奏に対応可能な演奏力を持つ名手Vivian Campbell加入。

ツアー初期という事が有り演奏・アンサンブルが熟れていない面がございますが、違和感なく収まっている事がミソでございます。



”Hysteria”でのソロ冒頭部で思わず”Steve (Clark)”と言ってしまうJoe Elliottは御愛嬌ではございますが..................................




この機会に是非。


商品の説明

最新のクチコミ

★★★★★

紙ジャケットだったんですね。そういえば、小さく書いてありました。 主人が好きなので、ポイントでゲットしました。

  • chie1380
  • 39歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

スピードを求めるならこれですね☆ 寝起きに聞くと一発で目が覚めます!

  • とおさん5014
  • 27歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

相変わらずスピード感が有り、声もきれいで大好きです。

  • さかな6624
  • 35歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★

KISSのLIVEは数回しか行った事ありませんが収録されている曲はLIVEでほとんど演奏される曲ばかり!! 初回特典の初来日武道館LIVE DVDがこのアルバムを購入した決め手!!35年経ってもパフォーマンスが落ちない凄いバンドです

  • りゃむ1628
  • 23歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

モトリークルーの最新作です!オリジナルメンバーで、楽曲も良いです!お勧めです!!

  • nilgiri0217
  • 31歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

バンドとしてスケールアップした、また、ガスGのギターテクニックが冴え渡っている、アルバムです!!

  • いのコロちゃん
  • 39歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

前作同様、スピード感溢れる作品に仕上がっています。メロディラインも相変わらずというところ。前作品よりも、サビの部分のハーモニーが厚くなっているかな?メロディック・スピードメタルの好きな方にオススメ。

  • RYUx
  • 27歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

亡きコージーの名盤。ドラムだけでストーリーを感じられる作品。

  • 縷々ちゃん
  • 35歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品